ズバリ!工場で働くメリットとデメリット

環境的に働きやすく時給が高い工場での仕事

工場で働くメリットですが、まず、室内で空調が効いているということが挙げられます。働く場所によっては空調がない場合もありますが、組み立て作業に従事するのであればまず存在します。そのため、夏でも冬でも働きやすい環境といえるでしょう。
また、接客業などと比べると時給が高いです。コンビニでアルバイトをする場合、出勤が昼間だけであれば時給は1000円未満であることも多いですが、工場での仕事は時給が1000円を超えることがほとんどですし、残業した場合は手当がついて、さらに高くなります。そのため、短期でのアルバイトでもまとまったお金を稼ぐことができます。
社員食堂が併設されていることが多いのも大きなメリットでしょう。安くてバランスの取れた食事を取ることができます。

平日の用事をこなすことが難しく仕事の内容が単調という面も

では、工場で働くデメリットにはどのようなものがあるかというと、まず、基本的に平日は毎日出勤で土日と祝祭日のみ休みということが多いので、平日の昼間にしかこなせない用事があった場合に困ります。たとえば、銀行の窓口からお金を振り込まないといけないといったケースでは、平日の昼休みに工場を抜けて対処するか、あるいは遅刻や早退をするしかありません。
サービス業と比べると、仕事の内容が比較的単調であるのもデメリットの一つです。特に組み立て作業に従事する場合、数十秒間隔でまったく同じ作業を一日何百回も繰り返さないといけないことがあり、集中力と根気が求められますし、それらが備わっている人でも毎日続けるのは大変です。

© Copyright Evaluated & Diagnosed. All Rights Reserved.