教えて!工場でのバイトにはどんな仕事があるの?

工場内でアルバイトに割り振られる作業

工場の仕事でもっとも多いといえるのはやはり組み立て作業です。たとえば、車の組み立て作業、家電製品の製造などがあります。具体的にはどのような作業内容になるのかというと、家電製品の製造の場合、アルバイトがよく任されるのは電動ドライバーを使ったねじ止めです。特にケースの底に基盤をねじで取りつけるという作業が多いです。
また、梱包の仕事もアルバイトに割り振られます。梱包は、製品をビニールなどで包んだあと、箱に収納し、そこに説明書や付属品などを入れて蓋をし、箱が一定数たまったら、今度はそれらをまとめて段ボールに詰めるという作業が多いです。製品の大きさにもよりますが、梱包は力仕事ではないものの、ずっと立ちっぱなしの仕事なのである程度の体力は求められます。

生産ラインが止まってしまったらなにをするのか

工場ではよくラインが設置されていて、組み立て作業で製品を作っていきますが、ちょくちょく、トラブルや在庫数の調整のためにラインが止まります。そういった場合、アルバイトはなにをするのかというと工場内の掃除です。基本的には床掃除になりますが、広いところだと大変です。
また、在庫部品のチェックもたまに行われます。工場での製品の使われる部品は、同じ工場内で生産されたものではなく、ほかの会社が作ったものであることがほとんどです。なので、実際に組み立てに使ってみるとうまく合わなかったということが起こります。部品すべてを返品するとラインが完全に止まってしまうので、問題のある部品とない部品を分けるといった作業が必要になるわけです。

製造各社では、工場で働く技術者を募集しています。工場に派遣されると様々な工程で専門技術が活かせる仕事があります。派遣社員は、派遣先の会社と相談し契約更新の可能性もあります。

© Copyright Evaluated & Diagnosed. All Rights Reserved.